FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
十月8chの憂鬱23
** ミッション **

10月を生活費\6,435で乗り切れ!!




【10月31日分】

 金額 
当月生活費4
本日の出費0
残高4



 近所の神社の裏山でどんぐりを拾っている途中、遠足(?)に来ていた幼稚園児に集団で指さされたり、ハイキング中の中高年に奇異の視線を向けられた。

 でもワタシ負けない、生きていく為だものッ!



人としての尊厳を失った何か

尊厳なんて1年前の四国旅のときにとっくに捨ててます






神社の裏山
近所にある神社の裏山


 いよいよ貧困生活も最終日。
 先日作ったカレーも、昨日ついに全て食べ尽くしてしまい、食うものに本気で困った8ch。
 そんな訳で、前回の予告通り、どんぐり料理を作って飢えを凌ぐべく、近所にある神社の裏山に行って参りました。

 しかしこの裏山、周りは木々に囲まれた緑豊かな所なのですが、だからといってどこにでもドングリが落ちているという訳ではありません。
 なのでまずはドングリを採取する場所を探すことからはじめました。
 常に下を向き、目を皿のようにしてドングリを探し歩く8ch。
 その姿を見て、すれ違った幼稚園児や中高年の方々の注目を浴びることになったのですが、そんなこと気にしません。だって生きるためだもの!



頂上まできちゃった
裏山頂上の展望台からの写真


 何も考えずにただひたすらにどんぐりを追い求めていて、うっかり裏山の頂上まで登ってしまったアクシデントはありましたが、



採取ポイント発見
採取ポイント発見


 その甲斐あってか、1時間ほどで人目につきにくいどんぐり採取場所を発見。
 以降30分かけてどんぐりを拾い集めました。



採取成果
採取成果


 時間をかけた割には、虫食いや傷物のどんぐりが多かった為、あまり数を集められれませんでしたが、今日一日の飢えさえ凌げればいいので、このぐらいの量で丁度いいでしょう。

 では次にいよいよどんぐりの調理に取り掛かる訳ですが、その前にひとつやっておかなければならないことがあります。
 それは、どんぐりの種類分けをする、ということです。

 なんでも日本に存在するどんぐりの種類は20種類ほどあり、そのなかでも食用に適しているものと、そうでないものがあるそうだからです。
 ここでいう食用に「適す」、「適さない」という意味は、「食べられる」か、「食べられない」かではなく、食べるための調理に手間が「掛る(アク抜きが必要)」か、「掛らない(アク抜き不要)」かという意味です。

 まあ調理の手間の違いに関しては、おいおいご説明しますとして、今回拾ってきたどんぐりの種類は、以下の通り。



5種類のどんぐり
左から順に
・シラカシ(食用に適さない)
・ツブラジオ(食用に適す)
・コナラ(食用に適さない)
・ウタジロガシ?(???)
・アベマキ?(???)

※Google先生調べ


 ?となっているものは、似たような形状のどんぐりが多いため、断定できなかったものです。
 ともあれ、この5種のうち、どれが食用に適すか適さないかをしっかりチェックするため、これらを軽く炒って実際に試食してみることにしました。



とりあえず炒って試食
フライパンで弱火で炒る


 で、出来上がったものがこちら。



どれがアタリなのか
皮むき後のどんぐり


 では実際に5種類のどんぐりを試食してみます。






カッ







 その結果、左から順に、渋い! 普通  渋い! 渋い! 旨い! と感じました。

 まあ渋いどんぐりも我慢すれば食べられないこともないんですが、やっぱり食べ物はおいしく調理して食べたいジャン?
 という訳で、渋いと思った種類のどんぐりを、アク抜きすることにしました。

 ちなみにアク抜きの手順ですが、Google先生調べによると、

  1.皮をむく(出来れば内部の渋皮も一緒に)
  2.沸騰したお湯で湯がく
  3.湯がきを3回ほどする


 この手順でどんぐりの渋みが抜けるそうです。

 では実際にこの手順通り調理を開始してみます。





―― 3時間後 ――





 …なんていうかね。
 どんぐりの皮むくの、めんどくさすぎるっちゅーねん!
 なんでこんなチマチマした小粒の木の実の皮を延々むき続けなきゃいけないんだ!
 てかいつの間にか外が暗くなってるし!
 こちとら朝からまともなもの何も食べてないっちゅーねん!(味噌汁とわかめのみ)

 あああああ、もう、イライラするー!

 と、本気でどんぐりに殺意を抱きつつ皮むきの作業をし続け、なんとかアク抜きするどんぐり全ての皮を向き終えたのは、17時半を少し回っていました。
 (途中皮をむき終えたどんぐりをナマのまま食べてみて、軽くえづいたのは秘密)

 次がいよいよ本番。
 待望のアク抜きタイムです。



アク抜き開始
小鍋でアク抜き


 コトコトグツグツどんぐりを小鍋で湯がきます。
 あとはこのまま放置して、頃合を見計らって湯を入れ替え、それを3回繰り返せば食べられるどんぐりの出来上がりです。
 台所に立っただけでおなかがグーグー快音を響かせてくるのですが、なぁに、あと1時間もすれば料理の下ごしらえは完成する。
 それまでの辛抱だ、我がストマックよ!





―― 1時間後 ――





アク抜き3回目前
3回目のアク抜き開始
(大鍋に変えた)











アク抜き3回目その後
20分後


 あっるぇ~?

 既定の3回アク抜きし終えたのに、まだどす黒い渋み成分(?)が出てきてる。
 what? なぜなぜどうして?
 
 疑問に思った私は、Google先生に再度お伺いをたてました。








































5時間煮る!?

5時間煮る










何…だと…?




― 次回へつづく ―


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/11/01 03:35】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<十月8chの憂鬱24 | ホーム | 十月8chの憂鬱22>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://8ch.blog9.fc2.com/tb.php/316-121c4b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。